記事一覧

家庭学習計画とコーチング

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s.jpg

さて、入塾テストまでにこれだけやってもらおう!と親が計画をたてたところで
実際やるのはお子さんです。

立派な学習計画も絵に描いた餅。。となるのは織り込んでおいた方が良好な親子関係のため。

ましてや風邪やインフルエンザ、急な調べもの学習を学校から持って帰ってくることもありますよね。



べたな方法にはなりますが、
入塾テストまでの日数をカレンダーに書き込み、
本人に「この日までにこれを終わらせる」と決めさせるのが良いと思います。

明らかにそれでは無理だろ、という場合、
決して怒らず、それで終わるかな?もう一度考えてみよう!
と促しましょう。

計画は張り切って建てたものの終わりそうもない時にも
「ここまでやれたんだからすごいんじゃない!」とまずは認めたうえで、
いつその分やればいいかな?
今週は土曜日にお友達と遊ぶの我慢しておこうか?などと控えめに提案します。

それはちょっと。。となれば、じゃあ帰ってきてから頑張ろうね!
と受け入れるのがいいと思います。


要は「やらされ感」をいかにして減らすか。。なのですよね。


がっつりタイムマネジメントしていわゆるティーチングしてしまったほうが
確かに短期間で成果を上げることができます。
しかし、最終目標は「自ら考え動ける子ども」なのはみな一緒なはず。

ビジネスやスポーツの現場では「傾聴」「共感」「コーチング」は一般的なものとなっていますが、
こと中学受験となると「親が9割」という言葉もあってか

いかにやらせるか


といった風潮を感じざるを得ません。



小5からの中学受験にはハンデもたくさんありますが、
2年間ということで中だるみの時期がなく
突っ走れるというメリット
もあると思っています。

実際は「やらせること」ばかりの中学受験ではあるのですが
親力はぜひ、メンタルサポート含むコーチング力や健康管理に使っていただきたいと思っています。
関連記事

コメント

No title

うちは小6からでした(^_^;)
いやはや大変でした。
応援しておきました。ポチッ

Re: No title

コメントありがとうございます。
6年から!それはさぞや親子で頑張られたのでしょうとお察しします。
長い人生、ここでは決まらないものの、最善を尽くさせてやりたいと思うと
苦労が多いですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

2019 中学受験

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: