記事一覧

学校の算数の授業が楽しい=算数オリンピック問題にチャレンジ。

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s.jpg

サピックスの授業が楽しい娘です。

私も塾が本当に楽しかったので
気持ちはよくわかります。
学校の授業はわかっていることを延々とやるから退屈・・と思っていました。

ところが、娘は学校の授業も楽しいのだそうです。

特に算数少人数クラスが楽しいとか。

話を聞くと、課題が出来た子どもにはどんどんプリント演習をさせてくれるのです。

教室の後ろのロッカーの上にありとあらゆる種類のプリントをずらりと並べてくれ、
花まるをもらうたびに新しいのを取っていってよい。

というわけで
同じくサピックス生2人と日能研生の2人と5人で競うように
プリント対決しているらしいです。
今日は10枚できたー!とかね。

(通塾しているお子さんは他にもいるけれど、算数張り切り組が5人らしい)

そんな感じで新5年入室前に
和差算などの特殊算数も一定の量をこなしていたこともあって
入室しても算数はスムーズにランディングすることができ、助かりました。

プリントは演習問題だけでなく
算数オリンピックの問題やナンプレ入試問題プリントもあり
算数オリンピック問題に関してはみんなで頭を寄せ合って考えてもいいのだそうです!!
まさにチーム戦!


それから、自分たちで算数の問題を考えて
みんなの前で発表することもあるんだそう。



というわけで毎週、この授業のあとは興奮して報告してくれます。



なんて楽しそうな授業なんだろう~
ゆとり教育がどうのこうの言われることも多いですが、
本来目指していたのはこういうところなのではないか、と
娘の楽しそうな話を聞くたびに思うのです。
羨ましい限り。


もちろん、分数プリントなどをしっかり身につくまで
何度も何度も数をこなしているお子さんたちもいる様子。
「まずは計算能力をしっかり身に着ける」ことも大切にされているみたいです。


少人数クラスにわけているとはいえ、
一定の人数がいるなかで一人一人にきめ細かくフィットした指導、
出来る子供たちを飽きさせない、どころか楽しませる工夫が素晴らしいです。


全国学力調査で、娘の通う学校は東京都の平均や全国平均より
「思考力」にあたる項目がかなり高いのですが
先生方の取り組みが実を結んでいるのだと思います。
(先生方は算数の研修授業によく参加されているみたいです。)


いま、手元にある手付かずのまま持って帰ってきた算数プリントには
1問ごとに全国の有名中学の名前が印刷されていて

あぁ、あの問題集のコピーね

という感じです。ちょっと書店で確かめてこようと思います。笑。


途中までしか終わらせずに家に持って帰るプリントが
母には気になって仕方がないのですが

「宿題じゃないからやらなくてもいいんだよ。また新しいのもらえるし。」


と放置されています。
授業中にお友達と競争するのが楽しいだけなのかもしれません。

最後までやらなくても怒られないし、
できたらできただけ、お~!すごい!!と褒めてくださる「のせ上手」な先生。
そりゃあ楽しいに決まっています。

(これとは反対にとっくに満点になっているのに出来ない子が多いからと何度もやらされる漢字テストが大嫌い)


そんな普段の積み重ねがあるからか、
サピックスのテキストの
「思考力アップ問題」や「入試問題にチャレンジ」にも
面白そう!!という姿勢で臨めるのかなと思っています。


解けようが解けまいが、
試行錯誤することにまずは意味がある。
これは難しいから捨て問、と切り捨ててしまうのは
5年生の前半ではまだもったいないです。

本当に難しい問題になってくると
一般的に女の子は男の子にかなわないのが算数・数学。
せめて今のうちは難しいからパス
という心のブロックができないように
こころがけていきたいと思います。


具体的には
「これは難しいからやらなくていいよ」とは言わない。ということです。


毎回必ず全部やるという意味ではなく

「これは時間が余ったらやろうね」

に言葉を変換して難しいという言葉を使わないようにしています。

※日経日曜版にのっている算数オリンピック問題は簡単すぎる・・というので
これも買ってみようかな。と思っています。






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。ただ文字を読むより、映像&音声の方が子どもの記憶に残りやすいもの。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: