記事一覧

1月度復習テスト結果を分析してみる。

1月度復習テストの結果を昨日確認しました。

相変わらず、2科目>3科目>4科目でした。

でも、2科目>>3科目>4科目から少し理社が成長しました。


算数の偏差値が入塾テストから比べたら15アップ。
4科目トータルの偏差値も10以上アップしました。
完全に通塾効果ですね。
「授業楽しい」と言っていましたし。

先日、算数の先生に「算数だけならα2位行けるんじゃない?」などと褒めていただき
調子に乗らせてもらった効果が出たと思います。
うまいですよね。実際は全然そんなんではないですけどね。
なんとかもおだてりゃ・・というアレです。本当に喜んでいましたから。
ただ、おだてるにしても、間違えてもα1とは口には出さないのだな、と感心しましたよ。

他の科目に関しても、
家庭学習ノートに嬉しいコメントを書いてくださったり、
授業中に色々と声をかけてくださったり、
途中入室ということもあってか親切にしていただきました。
本当に感謝です。

すでにトップ層にいる場合偏差値10アップは難しいですから
娘のレベルがそもそも低かったというだけですし、
入塾後すぐ上がるのは当然のこと、と私はわかっています。

そのカラクリをわからない本人は
気持ち良く5年生をスタートできそうで良かったです。
子どもは気持ち次第で随分変わりますもんね。


逆に、国語が10近く下がりました。
相当青ざめたのですが、
読解力・記述力ではなく、
問題文や選択肢の表現の読み間違いが原因。

うっかりミスとは片づけられない勉強への取り組みの甘さ
性急に答えを求めようとする浅はかさが原因だと感じました。

そもそも、性格的にそういう欠点があるのはわかっていたのですが
まだ10歳で仕方がないか、と親としては思うところもあり。
けれど、こういう出題がされるということは
中学受験を考えているのであればここまでは成長してもらいたい
という意図であることも重々承知しています。

成績が下がることで本人も自覚するので、教訓にして生かしてもらえればよし。
結局、入塾テストにしても組み分けテストにしても、
「なんとなく読めてしまっていた」典型例だったのだなと・・
大事なところには線を引きなさいね?からの再スタートです。

保護者会でも
「選択肢の表現が理解できているか?」などの注意点がありましたし、
細かい表現への違いに敏感であれ、と復習しながら話し合いました。

理科に関しても、
やはり出題形式への適応が出来ていない。
答えはわかっていても、、というところが未熟です。
本人なりにはかなり成績を上げましたが、
出題の狙いと講評を読みながら「問題の形式に惑わされない」の一文に頷いておりました。


社会は落としたところはほぼ冬期講習前の単元だけだったので追っかけ学習を引き続き。
とはいえ、なかなかすぐに追いつけるはずもなく・・
インプットしても、なかなかアウトプットまでは時間的にたどり着けなかったりなど苦戦しています。
あまり一気に学習しても定着ということでいうとどうなのか?とも思うので
白地図も少しづつしか進みませんが・・
社会に足を引っ張られているので、何らかのプランを作り上げないとと思っています。



サピックスの先生に途中入塾生は理社に苦労します。
白地図など頑張ってください、とアドバイスを頂いたのですが、
本当に社会は公立小学校との差が大きい科目だと痛感します。
(理科もジャンルによっては相当に違いますね)

娘の通う学校では算数は少人数教室にわかれる時間には
植木算や和差算の載っているプリントをやらせてくれたり、
理科も空気や水の体積と温度などは細かく学んでいました。




理社の追っかけを始めた頃の目標である「平均点に追いつく」は達成できたので
出来ていないところよりは頑張ったことに目を向けてあげたいのですが、
どうしても間違え方がなんともなぁというところが目についてしまいます。

冷静に話しているつもりでも、なんともなぁなミスの話をした後は
「沢山お小言言われた~」と言っているので、
知らず知らず口調が厳しくなっているかも・・気を付けます。
指導が素直に届いてくれないと意味がないですからね。

娘の間違いを分析して思うことは
やはり、成績上位層は理解力だけでなく
集中力や注意力、色々なことがトータルに違うのだなということでした。
成熟度の違いとでもいいましょうか。
勉強ができるというだけでなく本当に「賢い」お子さんたちなのだろうなと思います。

少しでも意識を高く持ってもらおうと、
「出題の狙いと講評」は本人にも読んでもらいました。
親がああだこうだ言うより、先生からのお言葉のほうがやはり響くようでしたね。

また今週から頑張っていきましょう!

■我が家の追っかけ学習はこちら>>

にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

▽理科はこちらにもお世話になっています。2週間の無料体験で確かめてみてください。▽


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

2019 中学受験

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: