記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月マンスリーテスト前

11月マンスリー前ですが、
先月末から算数は
「中学への算数」の「日々の演習」を少しずつ始めています。
いくつかの先輩方のブログで、
中数は先生の許可が出てから
というような話もお見掛けしますが、
目の前の単元を疎かにしないで欲しいことと
4科バランス良くが大切というのもあるのでしょう。

我が家では本人の好きなテーマの号を取り寄せ、
無理のないペースでやっている程度です。
難しい問題ばかり並んでいるイメージですが、
実は基礎固め用のページもあり。
(ちょっと難しい基礎トレ、といったところ。
我が家ではそちらはやりませんが。)
普段のテキストでも入試問題の演習はしているので
そこまでハードルは高くないかもしれません。


娘は、表紙を見た時には
「なにこれ、超つまんなさそう」と言っていたのに、
問題を解くうちに
「意外と好きだよ」に発言が変化しました。
とはいえ、学コンなどに手を付ける余裕は無いですよ。
そこまで取り組むには
やはりもっと前から受験準備していることが必要だったろうなと痛感しています。
そのような学びを実践している同級生たちもいる、と知れただけでも収穫です。




今回のマンスリーは前回、前々回に比べて範囲が狭く、
他の方のブログにも書かれていたのですが
その範囲だけを復習することがつまらない様子だったんですよね。
そんなこと言わずに満点を目指せ!という考えもあるかもしれませんが
子どもの性格もありますからね・・・

算数に関しては
KTT、デイリーチェック、ベーシックともに
全回通じてほとんどミスも無かったことに加え、
(最近簡単だと分析されている方もいらっしゃいましたね)
授業を受けることそのものがスパイラルになっているので
一通り復習は出来ているはずなんですよね。
とてもありがたい仕組みですし、本人の思う通りにやらせたほうがいいのかなと。

予習シリーズで勉強していた世代としては
特別習っていないことが出てきても、
まずは自分で考えて解いてみて、
解説を見てはそういうことね、とか
その解き方の方がいいかも、とか
自学自習している様子をみるのはなかなか頼もしくて良いものです。
自分の経験からも、「自学自習」できることこそが受験の肝だと思いますしね。
わからなくても仕方がないと言い訳の出来る問題に取り組む「気楽さ」もいいんですよ。

通塾から半年間はそれなりに付き添っていましたが
今は丸つけもほぼ自分でやるようになって、特に算数タイムは私の昼寝タイムに。
来年は親も丸つけしないと間に合わないような忙しさ、と
先輩方のブログを拝見していても感じますので、つかの間の平和、ですかね・・・

理科と社会はテキスト読み直し+コアプラの王道で。
年表トレーニングは取り組むように言われてないので手を付けていません。
国語はコトノハ、言葉ナビで知識を復習。
やっとマンスリーのルーティンがわかってきて楽になったころに
新学年になってしまうんですよね。
うー「新6年」嫌な響き!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

2019 中学受験

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。