記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の受験生としてちょっと胸が痛む話◆大事なのは「ママ目線」で学校を選ばないこと

我が家がとってもお世話になっている算数の参考書
秘伝の算数の著者、後藤先生のコラム。

人生のちょっとした岐路でしかない中学受験…後藤卓也
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00010001-yomonline-life&p=2

色々と頷かされることが書いてありました。
どちらがいい悪いではないですが、
私も後藤先生のお考えに概ね賛成かな。

ここに書いてあるような理由もあって
昔と立ち位置が随分違ってきたと思われる学校がいくつも…
多分、該当校の1つには仲良しママ友のお子さんが通われています。
素敵な学校ですし素敵なお子さんに育っています。
私の目にはお得すぎる学校に映ります!

上の条件に加えて、比較的少人数校だったりすると
見た目の進学実績も宜しくないように見えがちだったろうとも思う…
色々と不器用だった面もあったのでしょうね。
経営と教育はイコールではないと思うのですが
経営手腕=目に見える結果が求められがちな時代になっているのかな、と。
(もちろんそれも相当な努力と熱意が無ければ出来ませんから素晴らしいことだと思っていますよ)


後藤先生の他のコラムもとても面白かったです。
女子校って本当は凄く元気いっぱいという話も
そうそう、と昔を思い出しましたね。
大人になった今考えると申し訳ないほどに
大きな目で見守ってもらってたんだなあ
と思うことが沢山ありますよ。


コラムのなかで
通学時間のことにも触れられていましたが
我が家は娘なので一時間以上の通学時間は無し。
でも記事にあったように
徒歩で通えるような学校というのは
私も娘も却下です。
娘はやはりそれは息苦しい、
それだと変化がないと感じているのでしょうし、
私は私で、親としては口には出せないですが、
定期の範囲で寄り道したりするのもまた楽し、だったなと思うので。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

2019 中学受験

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。