記事一覧

新5年入室生が入室までに身に付けておきたい4つのこと(算数編)

【4つのポイント】 これだけは身に付けておきたい算数のポイント

「算数大好き!」「算数はちょっと・・」
子どもだけでなく見守る親のほうでもきっぱり二分されることが多い科目。それが算数
そして受験では何をおいても大事な科目でもあります。小4入室組にすぐには追いつけないにしても、
せめて入塾後困らない位の力は自宅でつけさせてあげたいですよね?

でも中学受験って特殊算とかでしょ?

というご心配の声が聞こえてきそうですが、
特殊算という名前がついていても、応用レベルでなければ3年生でも解けたりするんですよ。
植木算にいたっては、1年生くらいでも基礎は解けます。

Q川を渡るのに飛び石が2つあります。何歩で向こう側に渡れますか?

これも立派な植木算です。
もう少し難しくなったとしても身構えず、よく考える、絵を描いて考えるなどすれば
正答にたどり着くことは難しくない。

とはいえ、試験に出る問題はなかなか手応えのある「基礎とはいえない」問題であることも多いと思うのです。

付け焼刃ではなんともしがたい。

といったところでしょうか。
他の子が1年かけて学んできているのですから当然のことです。
そこは全く焦らなくていいと思います。

それより大事なことは

いわゆる「しかくいち」問題、大問1をできるだけ全て正解する

です。
試験というもの全てに共通の原則ですね。
しかし進学塾の「しかくいち」問題ですから学校の計算ドリルとは違います。


1.分数・小数までの四則演算を徹底する。


122245.jpg
当たり前のことですが、これが何より大事だと思います。
公文に通っていたから分数の掛け算・割り算まで質・量ともにばっちりだよ!
というお子さんは次のポイントに進んでください。
(ただし公文は小数をほとんどやらないので、少し確認しておいてもいいかもしれません。)

そうでなければおすすめは 
5年生の分数 (くもんの小学ドリル 算数 計算 11)
5年生の小数 (くもんの小学ドリル 算数 計算 12)」 です。
計算に関してはここができていれば中学受験で必要な範囲はおしまいですから
先取り学習にはなるのですがぜひやる気を出して頑張ってみてください。

分数はある程度「どうしてそうなるのか?」を理解できるまで伝えたほうがいいと思いますが、
小数はわけが分からなくなる子もいますので、理詰めでなくまずはこういうものなんだ、と徹底させていくことも大事かと思います。

□を使った式や計算の工夫あたりも以上に加えて大事になるかと思います。
学校でも習っている範囲ですので、すらすらできるように!を目標にしましょう。


2.必ずたしかめをする習慣をつける


530972.jpg
計算のたしかめもですが、問題の答えになっているかも大事です。
学校でも指導を受けていると思いますが単位の間違い
Aさんの持っているりんごの数ではなくBさんの数が問われていた、などですね。

「時間が足りなくてたしかめできなかった~~」ということも大いにあり得るので
解いたその場で問いの答えになっているか、位はせめて確認してほしいもの。


3.筆算をする


a759873f1a93f5ac62778bbfd2b9f193_s.jpg
いやいや、計算って筆算するでしょ?と思われるかもしれませんが、

計算が得意な子=暗算得意で慢心。筆算しないで凡ミス。

計算が不得意な子=筆算しないで暗算しようとしてタイムオーバー。

どちらのパターンもよくあります

学習塾講師・個別指導講師をしていた時にも口酸っぱく子どもたちに言いました。

「筆算をした方が早いよ!」と。

なかなか治りませんが、繰り返し伝えてください。根気勝負です。

実際は計算が早い子の暗算は本当に早いので気持ちはわからなくもないのですが
計算が早い子は筆算も早いわけですよ。
時間がもどかしく思えているのも見ていればわかるのですが、
1秒くらいの差だよ?と教えて差し上げてください。

逆に筆算をとっても丁寧にやるお子さんの場合、読み間違いがない程度に数字のきれいさを保ちつつ
テキパキ書くことも大事だよ!と教えてあげてくださいね。


4.文章題を図や表を使って表せるようにする。
文章題イメージ
特殊算は線分図や面積図を使いますが、別にあれは「公式」的なものではなく
この文章を図に表そうとしたら大体みなさんこういう感じで表すよね?というものだと私は捉えています。
(解答解説とは違う図だけどそれもいーね!てことはよくありますよ)

ですから文章を読んでそれをイメージに落とせるか?ということが文章題の要です。
絵を書こうというとかなりしっかりとした絵を描く子もいるのですが、
人であれば棒人間でもtoo much、
みどりさんは「み」だけでいい。あきらくんなら「あ」でいいよ~も伝えてください。

あきらくんはみどりさんより8センチ背が高いです。

なら上の図のようになりますし、

お父さんの体重はみどりさんの2倍です。

なら線分図で長い線と短い線を描いて①、②と入れようが、
お=み+み
だろうが何でもいいので自分の頭で考えて「絵で解く・図で解く」経験を積んでください。


以上、学習塾講師経験などを踏まえて
「しかくいち」を確実にとっていくための4つのポイントをお話させていただきました。


娘に関して言えば
主に3がなかなか治りませんでした。今も時々・・時間制限があると悪い癖が出やすいです。
2の問いの答えになっているか?に関しては教科をまたいでミスすることがあります。
入塾前のポイントと紹介しましたが、入塾後にも気を付けていきたいポイントですね。

とはいえ、
この4つのポイントを意識して家庭学習をしてきたおかげで
入塾後に新しく習った単元では全くハンデは感じておりません。

ハンデを感じないだけで、まだまだなところはあると思いますが
入塾後に授業で苦労しない。授業が楽しい!
のは確かです。

途中入室をお考えの方はもちろん、どこで躓いているのかわからない、とお悩みの方も
今一度お子さまの学習をチェックしてみてくださいね。

どうしても解決できないときは個別指導や家庭教師にフォローを頼むのもひとつの手だと思いますよ。

にほんブログ村 受験ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
少しでも参考になりましたら応援のクリックをお願いいたします。






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

2019 中学受験

プロフィール

春子

Author:春子
こんにちは。
東京都在住の春子です。2児の母。
5年生娘、夏子の中学受験にむけて試行錯誤中。

家庭学習の強い味方。マイペースで復習も先取りも。

我が家のように途中入室で習っていない単元がある、習ったけれど忘れてしまった・・そんな家庭学習のお悩みにはスタディサプリがおすすめです。人気講師による解説で、受験にも対応したカリキュラム、大学受験用カリキュラムまでそろっているので、年の離れた兄弟がいてもお使いいただけます。お子さまの学習記録を、保護者にお知らせするメール機能も充実! 自宅のパソコンやタブレットで視聴していただけます。 お試し登録後2週間無料ですので、ぜひカリキュラムだけでも確かめてみてください。 我が家のスタディサプリの活用法は 国語でも理科でも電磁石/社会の穴埋め。間に合わない!ではなく遊び感覚で覚えていく/新5年入室組が入塾までにしたいこと(理科編)そして入塾後の追っかけも あたりに書いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: